前へ
次へ

債務整理は司法書士より弁護士がおすすめ

債務整理を専門家に任せる場合、選択肢は2つあります。
司法書士か弁護士です。
どちらに依頼すべきか迷っている方も多いですが、基本的には弁護士に依頼する方が無難です。
とりわけ借金の総額が多い方の場合、弁護士に依頼する方が良いでしょう。
というのも司法書士の場合は、あまり借金の金額が大きいと受任する事ができません。
200万円などの金額の債務整理は、司法書士は代行できないルールになっている訳です。
それに対して弁護士の場合は、そのような制約はありません。
ですから借金の総額が高めな時は、やはり弁護士に依頼する方が良いでしょう。
それと専門性の問題もあります。
司法書士の場合、全体的に不動産には得意な方が多いです。
必ずしも借金に詳しい訳ではありません。
ですが弁護士の場合は、借金の解決実績が豊富な方々が多いです。
法律事務所によっては、債務整理に特化している事もあります。
その専門性も考慮しますと、やはり弁護士に相談してみる方が良いでしょう。

Page Top