前へ
次へ

債務整理はなかなか厄介なことになることも

債務整理の難しいことの一つとして自己破産などをすることによって、保証人になってくれた人にも迷惑をかけることになる、ということです。
そうしたことがあるので自己破産できない、任意整理できない、ということもあったりします。
そもそも任意整理をするということになったとしても保証人がついているような借り入れの場合、そちらに請求がいくことになります。
そして、これは自己破産をしたときにもそうなります。
債務整理の一つとして有名な自己破産ですが、勘違いされている人が多い部分としてあるのが、自己破産をすると保証人の分も免責される、ということです。
そんなことはなく、もし自己破産をしても保証人がいるのであれば債権を持っている人はそちら側に請求する権利があります。
もちろん、その保証人も自己破産をすればそれはもう完全に債務が帳消しになったということになります。
連鎖的に自己破産をするということが保証人がいたりしますと起きたりします。

Page Top