前へ
次へ

債務整理を行うと賃貸の契約は難しくなるか

債務整理は、たまに誤解されている事があります。
その1つは賃貸物件です。
どういう事かというと、その手続きを行った後には、賃貸物件を契約するのは難しいと思われている事があります。
確かに債務整理を行った後には、クレジットカードなどを作るのは難しくなります。
そのイメージが強いので、賃貸物件の契約も難しいと思われていることもある訳です。
しかし、それは誤解です。
たとえその手続きを行ったからと言って、賃貸物件に住めなくなる訳ではありません。
そもそも住宅会社としては、借金の手続きを行ったかどうかを重視していないケースも多いです。
むしろ保証人の方が重視されるケースが多いので、基本的には問題ありません。
ただし、それも住宅次第です。
賃貸の住宅によっては、保証会社への加入が求められる事があります。
保証会社との契約が必要な物件は、入居するのは難しいケースはあります。
それ以外の物件であれば、基本的には問題なく契約できます。

Page Top